方法について

先天性のものや、加齢による眼瞼下垂は、最初に自然治療をおこないますが、半年間改善が見られない場合は、手術で瞼を上にあげて改善を図ります。手術は大きく分けて二通りになります。

More

選び方について

眼瞼下垂の手術を行った場合は、術後に腫れなどの症状が出ますがどれも軽度のものです。最近の医療は進歩が見られる為、最新機器を採用しているクリニックを選択していきます。

More

まずは受診

眼瞼下垂であるかは、形成外科や眼科の診断を待つのみです。検査の内容は、瞼の筋肉量を様々な方法で計測していき、慎重に調べます。また、ある日急に瞼が下がったという場合は、他の病気が疑われます。

More

よくある症状とは

眼瞼下垂のよくある症状としては、二重の幅が急に広くなった、あるいは額にシワが寄るようになった、そして顎が自然に上がるようになったなどです。
また、この病気は、頭痛や肩コリを引き起こすこともあり、放置していてもそれらを改善することはできません。
眼瞼下垂は、主に先天性と、加齢によるものに分けられます。症状は、片方に出る場合と両目に出る場合の二通りで、早めの対処が必要です。
原因や症状によって、改善方法が異なる為、思い当たる節があれば一度セルフチェックをしてみてください。
先天性の場合、瞼を上げ下げする筋力が発達していないことが原因です。その為、生まれた時から病気の症状が見られます。
先天性だと、ほとんどが両目ではなく片方に症状が出ます。視界が見えづらいということはあまりないのですが、まれに症状として斜視や視力低下の症状が出ることもあります。
治療は主に眼科で行い、経過観察をしながら眼瞼下垂の治療を進めていきます。逆に、健康な瞼だった人が、何の前ぶれもなく下がってきた場合、後天性タイプの眼瞼下垂です。
目が細くなってきたと感じた場合は、大体眼瞼下垂である前兆です。コンタクトレンズがハード、もしくは目の疾患による手術を行ったことが原因と考えられます。
ですが、まれに神経が関係してくる可能性もあるので、十分に注意する必要があります。しかし、眼瞼下垂のような症状が出ても、それが偽である可能性は十分にあるので、早めの眼科受診を行い、症状を詳しく分析する必要があります。

注目の記事

方法について

先天性のものや、加齢による眼瞼下垂は、最初に自然治療をおこないますが、半年間改善が見られない場合は、手術で瞼を上にあげて改善を図ります。手術は大きく分けて二通りになります。

この記事の続きを読む

選び方について

眼瞼下垂の手術を行った場合は、術後に腫れなどの症状が出ますがどれも軽度のものです。最近の医療は進歩が見られる為、最新機器を採用しているクリニックを選択していきます。

この記事の続きを読む

まずは受診

眼瞼下垂であるかは、形成外科や眼科の診断を待つのみです。検査の内容は、瞼の筋肉量を様々な方法で計測していき、慎重に調べます。また、ある日急に瞼が下がったという場合は、他の病気が疑われます。

この記事の続きを読む